ジャズミュージシャンはニューヨークに行くべきなのか?

音楽に限らず、あらゆるエンターテイメントがある街、ニューヨーク
1950年代、ビバップのスタイルが生まれ急激に進化、発展を遂げました
それ以降も世界中から多くのミュージシャンが集まり、日々切磋琢磨を続けています

ジャズミュージシャンにとって特別な場所であることは間違いありません

しかし、2019年現在、全てのジャズミュージシャンが行くべき場所なのでしょうか?

アメリカの現役ジャズミュージシャンがそのことについて語っている動画がありますのでご紹介します

結論からまとめると、彼ら曰く

  • もし今あなたが小さな町に住んでいて、その中であなたが既に最高のミュージシャンであり、更に成長が望めないのであれば、移るべきである
  • 自分が今所属しているコミュニティの中の、自分と近い年齢のグループの中で一番のプレーヤーであるか?
  • もし今一番のプレーヤーでないとしても、そうなるための努力を続ける覚悟があるのか?
  • ニューヨークにはとてつもないミュージシャンが多くいるのでそこに挑む覚悟があるのか

とてもレベルの高い競争が要求されることは間違いないので、そこに挑む覚悟と準備が重要であるということだと思います。また仮に永久に住まなくても、十分な経験を得ることはでき、その後元いた場所や違う場所に移ったとしても、以前とは違った経験ができるのではないかと彼らは言っています

ジャズに興味をもち、更なる経験を求めて日々努力している若いミュージシャン達の参考になると嬉しいです

ではまた

良いミュージシャンを1秒で見分ける方法

楽器、シンガーに関係なく、その人がある程度経験を持っているか、演奏が良いものか、1秒で見分ける方法をご紹介したいと思います。ただあくまで私の経験上のお話ですので例外もあることもご了承ください

まず結論から言ってその方法は演奏中の姿勢をみることです

その姿勢とは演奏に向かう精神性などではなく、具体的な姿勢(Posture)のことです

では具体例を見てみましょう。是非音声をミュートしてご覧下さい。

もちろん、歴史に名を残してきたレジェンド達の演奏ですので引き込まれるものがあるのですが、今回は彼らの姿勢のみに注目してみると、そこから学べるものがあることがわかります

ちなみに例外もご紹介しておきます

とても素晴らしい演奏で、憧れる人も多いとは思いますが、彼の姿勢や動き、声などを真似てもあの演奏に近づくことはないことはお判りいただけると思います

自分の演奏に不満がある方や、伸び悩んでいる方は今回のポイントを見直してみると何か発見することがあるかもしれません

ではまた


個人レッスンではより良い演奏を目指し、それぞれの方にあった内容を提供しております

巷に溢れるジャズ的なフレーズや曲をただ演奏するといった内容では満足することができなかった方々におすすめです

でひご連絡ください